結婚式に呼ばれた!結婚式にふさわしいドレスとは?

初めて結婚式に呼ばれた女性の中には、服装で悩む方もいるかと思います。結婚式はとても神聖な場なので、間違いのない服装をしたいものです。

それでは、どのようなドレスが結婚式にふさわしいのか紹介していきます。

結婚式にふさわしくないドレスとは?

結婚式にふさわしくないドレスは、全身が白い色のドレスになります。白い色は花嫁さんの色となっているため、結婚式に呼ばれた人が着るのはマナー違反になります。そして、クリーム系やベージュやシルバーなど、光の加減や小物などで白っぽくみえるような色のドレスも良くありません。

次に、全身が黒っぽいドレスなどの服装もNGとなります。全身黒色だと、「喪服」や「殺生」をイメージさせるため、良くありません。

そのため、明るめの羽織やバッグなどの小物を使用し、全身が黒色になるのを避けると良いでしょう。

次に、露出の多いドレスも結婚式にふさわしくありません。露出が多いドレスとは、肩が出ているものや胸の谷間が見えるようなドレスになります。しかし、夜の披露宴では、肩の出ている服装でも問題ありません。

そして、足元にもマナーがあり、注意が必要です。基本はベージュのナチュラルストッキングとヒールの高さが5cm以上のパンプスになるので、そのような格好をするのが無難と言えます。

結婚式にふさわしいドレスとは?

ネイビーのような落ち着いた色をしているドレスが良いでしょう。品が良く、落ち着いた印象になるため、年齢に関係なく着ることのできるドレスになります。

ネイビーの他にも、ピンク系のドレスがおすすめになります。ピンクと言っても様々なバリエーションがありますので、年齢に応じてクランベリーピンクやベージュピンク
などを選びましょう。

そして、色以外にデザインも大切になります。可愛いリボンがついたドレスやシックなデザインをしたドレスなどがありますが、年齢に応じて似合うドレスを選ぶようにしましょう。

おわりに

結婚を気持ち良く祝福するために、服装には気を付けたいものです。場違いな服装は浮いてしまうので、以上説明したことを参考にして、結婚式にふさわしいドレスを着るようにしましょう。